腰痛について 長浜市なかむら鍼灸院 長浜市NK整体院

  • HOME
  • 症状一覧
  • 腰痛について 長浜市なかむら鍼灸院 長浜市NK整体院

腰痛について

Ⅰ、腰痛をきたす疾患

分類疾病主症状
A, 骨・関節に関連する腰痛椎間板ヘルニア突発性腰痛の既症
坐骨神経痛
黄靭帯肥厚硬直性運動障害
膝蓋腱・アキレス腱反射充進
腰仙移行椎第5腰椎の不対称、横突起異常
脊椎の分離サニり症頑固な持続性疼痛
階段状陥凹
脊髄側湾症脚短縮側凸の脊柱側湾
腰椎カリエス棘突起叩打痛、腰痛前湾増強膿瘍
横突起骨折限局性疼痛、患側屈曲痛
脊椎炎脊柱の疼痛・変形・脊髄症状
変形性脊椎症朝腰痛あり、運動により軽減
B, 椎管腔内の病変による腰痛脊髄腫瘍髄節的神経刺激症状
脊髄膜炎軽度の限局性疼痛、脊髄症状
脊髄梅毒脊髄症状が主体となる
C, 末梢神経性の腰痛腰・尾骨神経痛腰腹部・大腿内側・尾骨部などの疼痛
神経炎感染性疾患に注意、発熱知覚障害
物理的刺激圧迫、牽引、癒着、損傷
糖尿病尿検査、飢渇、頻尿、神経性素因
ビタミンB欠乏性腰痛食欲不振、便秘、四肢倦怠
D, 軟部組織に基因する腰痛筋・筋膜性腰痛症圧痛不明、脊柱の前屈困難
筋肉リウマチ症状出没性、過労・寒冷で増悪
筋痙直。筋硬症・筋浮腫腸骨稜.棘上突起・仙椎などの筋付着部圧痛
化膿性筋炎腫瘍、圧痛、発赤、発熱
筋・腱・靭帯の外傷既往症、圧痛部位および限局性に着目
E, 内臓疾患に基因する腰痛婦人科疾患子宮の位置異常、癒着、腫瘍、卵巢腫瘍
消化器疾患下痢・便秘
泌尿器疾患腎炎、腎臓結石、腎硬化症、腎盂炎
F, その他の腰痛神経症精神不安、頭重、めまい、不眠
自律神経・内分泌の障害低血圧、冷症、ワゴトニー、副腎障
下肢の疾患下肢冷感、X·O脚、内反股・足、偏平足

Ⅱ、年代別の腰痛の分類

1、幼少年期の腰痛 1)脊椎分離症、脊椎辷り症
 2)腰椎カリエス、腰椎軟骨症
いわゆる発育痛としての腰痛
 3)腰部椎間板ヘルニアおよび骨端症による腰痛ならびに下肢放散痛
2、青壮年期の腰痛1、腰痛および下肢放散痛を主訴とするもの1)腰部椎間板ヘルニア症
 2)馬尾神経腫瘍
 3)腰椎の癌転移
 4)変形性股関節症の初期
2、腰痛のみを主訴とするもの1)筋・筋膜性腰痛
 2)椎間関節性腰痛症
 3)脊椎分離症・こり症
 4)椎間板性腰痛症
 5)いわゆる腰痛症
 6)「ぎっくり腰」「きっくら加気」などで代表される急性腰痛
3、老年期の腰痛 1)変形性脊椎症
 2)仮性腰椎辷り症
 3)腰椎管狭窄
 4)脊椎骨粗鬆症
 5)癌の腰椎転移
 6)変形性股関節症
 7)腰椎カリエス・仙腸関節結核
 8)総腸骨動脈閉鎖症(リューリュシュ症候群)

女性の腰痛
卵巣・卵管・子宮体(交感神経)、
子宮頚部、膣の上2/3(副交感神経)→脊髄→体性感覚
疾患:子宮位置異常、月経、妊娠、梨状筋炎、骨盤腹膜炎、子宮癌、子宮内膜症骨盤内臓器癒着、子宮筋腫、卵巣膿瘍など

Ⅲ、検査法の取り決め

(1)理学的検査
底屈テスト
背屈テスト
患者の局指を検者の手指に抗して底背屈させる。両側同時に行い左右を比較し、減弱を見る
パトリックテスト仰臥位にて検側の外果を伸展した他側の膝につけさせ、他動的に検側下肢を外旋させる運動で、股関節部位に痛みの出るものとする。
ラセーグテスト仰臥位にて、膝関節伸展位で下肢を挙上し60度までに坐骨神経痛性の疼痛が下肢に再現されたものを陽性とする。
挙上により誘発される大腿屈筋群の牽引痛は陽性としない
圧迫テスト双手で患者の腰椎を上から順に圧迫し、殿下肢に放散のあるものを陽性 とする。拇指で確認すること
ニュートンテスト双手で仙骨正中部を圧迫し、仙腸関節部に痛みのあるものを陽性とする
大腿神経伸展腹臥位にて、膝関節を直角に屈曲させ、片手で臀部を押さえ、他方の手で足関節をもって股関節を伸展させるように引き上げる。
この時大腿前面に放散痛のあるものを陽性とする
叩打痛打腱槌にて腰椎の棘突起を上から順に叩打し、臀下肢に放散のあるものを陽性とする

(2)運動負荷テスト
この検査の目的は、腰の痛みによる日常生活動作の障害を、患者の訴えだけでなく、ベットサイドでも評価することにある。
座位→立位については椅子を用い、他は立位で行う

Ⅳ、腰痛症状の見分け方

●痛みの症状は

痛み方考えられる腰痛
動けない痛さ筋筋膜性腰痛・捻挫・ギックリ腰など
前屈時に制限・増強椎間板ヘルニアなど
背屈時に増強椎間関節症・分離症・癌の浸潤などによる後腹膜の痛み
立位で背屈すると、両下肢がしびれる腰部脊椎間狭窄症
前屈姿勢から腰を伸展する時に痛む脊椎分離症・すべり症
ちょっとした体動で痛む化膿性脊椎炎・圧迫骨折

●痛みの拡がり

  • 放散痛があり、(たとえば)膝に放散する→椎間板ヘルニアなどの根性痛が考えられる。
    注意 坐骨神経痛の放散は連続しないでスキップしている場合がほとんど。
  • 大腿部、下腿部のしめつける痛みの拡がり→腰部脊椎間狭窄症

●一日の痛みの変動について

  • 起床時や動作時の開始に痛む→椎間関節症・腰部脊柱管狭窄症が考えられる。
  • 安静時に増悪する痛み→ヘルペス後神経痛・癌の脊椎移転などの腰痛が考えられる。
  • 体重減少がひどい。食欲不振。排尿障害がある場合は専門の先生に相談。

●どのような姿勢で痛いのか

  • 立位
  • 歩行時
  • 座位…長時間の座位姿勢は、椎間板へ大きな負担が掛かり腰痛を悪化させる
  • 中腰…椎間板へ大きな負担が掛かり。腰痛を悪化させる
  • 前屈…痛みが酷くなる(椎間板ヘルニア)
  • 前屈から身体を戻す時…痛みが強くなる(脊椎分離症・すべり症)
  • 後屈…痛みが酷くなる(椎間関節症・分離症)
  • 両下肢がしびれる
  • 締め付けられるような痛みがある(腰部脊椎間狭窄症)
  • 生理時や出産後の腰痛(仙腸関節に問題)
  • 左右に振りかえる…腰椎の変位による痛みが多い
  • 左に振り返った時、左側が痛い…左側の神経根(後根)の圧迫もしくは筋肉繊維輪の損傷
    左に振り返った時、右側が痛い…右側の神経根(前根)の圧迫が多い
    左右に倒す…腰椎の横ズレの変位と筋肉捻挫が多い。肩とお尻を痛くない方に倒した姿勢が楽なのが特徴
  • 姿勢を少し変えるだけで痛む…化膿性脊椎炎・圧迫骨折
  • 起床時や身体を動かそうとした時に痛むか…椎間関節症・腰部脊椎間狭窄症
    腰部脊椎間狭窄症で起こりやすい間歇性跛行は、血管の病気である閉塞性動脈硬化症でも起こり、また、朝だけ痛いという症状は、第1腰椎が硬直している人に特徵的
  • 全ての姿勢で痛い…痛くて動けなくなる腰痛(ギックリ腰・筋筋膜性腰痛・捻挫など)
  • 安静時に痛みが酷くなる…腎臓や膵臓の病気・ヘルペス後神経痛・癌の移転などの腰痛を考慮

●腰痛から考えられる主な病気

気になる症状腰が痛い。
  • 腰背部痛、化膿性背推炎、発熱身体を動かすと痛みが増強、特に夜に傷が増強
     脊椎カリエス血尿、頻尿、残尿感、排尿困難、発熱、急性腎盂腎炎
  • 腰背部痛、側腹部痛吐き、便秘、遊走腎、下腹部痛、血尿、尿管結石、水尿管症
  • 下腹部の腫瘤感、腫満感、痛み、月経異常、動悸、息切れ、子宮筋腫
  • 不正性器出血、おりものの増加、下腹部痛、血尿、血便、子宮頸がん・肩こり、躁鬱、のぼせ、ほてり、発汗、動機、めまい腹部に拍動性の腰痛、更年期障害
  • 腹部に拍動性の腰痛、腰痛、腹部大動脈瘤
  • 胸、背中、ほねの痛み、全身倦怠感、貧血、むくみ、骨折、体重減少、多张性骨髓腫


腰痛の症状

●症状

腰痛

●原因

腰椎下部の筋筋膜性の腰痛

●当院での改善方法

歪みからくる深層の癒着を痛みなく剥がし、痛みを抑制させる鍼灸治療で根本的に改改善しました。

●お客様より頂いた声(N.Kさん)

今まで3年間腰痛のため仕事でも30分以上は座っていられなかったです。いろんな整骨院やカイロに行きましたが一向に改善されずに悩んでいました。一つずつ治療院のサイトを見ていくと先生のサイトに詳しく体系的に説明されていたので、治療を受けてみました。そしたら、3回目の治療が終わった頃からすごく腰が軽くて痛みも少なくなり、1日座っていても腰は痛いと思うことはなくなりました。本当にすごい施術力で、初めから先生に治療していただいていたらよかったと思いました。 Before,Afterの治療前と治療後の写真をしっかり掲載されているので自分も毎回写真で可動域が改善されていくのを目で見てわかったので素晴らしいと思いました。是非、腰痛で病院やクリニック、整体院、整骨院、カイロに行って改善されず薬や湿布で痛みを我慢している人は絶対あきらめずに先生に診てもらってください!迷うことなく飛び込んで正解ですので絶対お勧めです!