肘の痛みについて│なかむら鍼灸院長浜整体院

テニス肘(上腕骨外上顆炎)

30~50代の人に多く、手首を使う動作やタオルを絞るときなどに、手首や指の伸筋腱が上腕骨へ付着する肘の外側の膨らみの部分に痛みが走り、手首や肩の方に痛みが放散することもある。例えば、テニスを始めた人、手首をよく使う仕事をする人、主婦などにみられる。

フォアハンドテニス肘(上腕骨内上顆炎)

野球の投手などでリストを効かせて投球動作をするスポーツマンに多い。日常生活での使い過ぎなどによる炎症などもよくみられる。

肘部管症候群

肘の内側の後方を尺骨神経が走行しておりこの部分で尺骨神経がこすれたり圧迫されたりして麻痺を生じる状態である。主に手のひら側の小指・薬指領域のしびれや知覚異常がみられ、麻痺が進行すると小指や薬指に鷲手変形を生じたり、指を閉じる筋力が低下する。

肘関節疾患

肘関節の屈曲・伸展に際して痛みの増強がある。
腕神経叢の神経炎
肩周辺の疼痛で発症し、上肢全体に激しい刺すような痛みを訴える。
鑑別点は、痛みが神経根症より強く、疼痛は上肢の運動により悪化するが、頸椎の運動とは無関係である。発症から数日(ときに数時間)で肩周辺の運動麻痺が出現するなどである